スクラムハーフオンライン塾やってます!!

言葉を変えればチームは変わる

言葉はほとんどの人が使うことができ、

簡単に使用することができます。

しかし、

その簡単な言葉は

実はとても重いのです。

言葉一つで、

自分の雰囲気を変え、

チームの雰囲気も変えることができます。

最近流行りのペップトークとは?

プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手を

大躍進させた元コーチの

サーシャ・バイン氏が

使っていたことで日本でも

徐々に知名度が上がってきているようです。

しかし、

日本でも少し前から導入れており、

PX2と呼ばれる講習もあります。

この講習は、

経済産業省が取り締まっており、

学生は無料なので

時間があればオススメします。

 

ペップ(PEP)とは「元気、活気」という意味で、

試合前に緊張している選手たちの緊張感を解き、

それをやる気に変える言葉がけとして、

現在ではスポーツに限らず、

ビジネスでも仲間内のプライベートでも家族同士でも、

アメリカでは普通にペップトークが使われています。

 

4つの骨組みからなる

ペップトークの構造は、

4つの部分(骨組み)から成り立っています。

① 受容(事実の受け入れ)
「さぁ、きたぞ、決勝戦。自分たちのプロセスを信じよう。今日の相手も最高のチームだ。」
② 承認(捉え方変換)
「しかし、勝つのは俺らだ。今日は俺たちは負けに来たのか?いや、違うだろう勝ちに来たんだ」
③ 行動(してほしい変換)
「さあ、始まるぞ。1分1秒全力で試合を楽しんでもう」
④ 激励(背中の一押し)
「レッツ・ゴー」

 

①の受容とは、

今置かれている事実を受け入れましょう!!と言うことです。

②の承認とは、事実の捉え方をポジティブに変換し、感情をプラスに持っていきます。

③の行動とは、②で変換した捉え方を、どう行動に移せばいいかを示します。

そして、最後の④の激励で、モチベーションを少し高めて本番に送り出すのです。

これがペップトークの基本的な構造です。

これは、あくまでもテクニックでの話です。

ここからが本当に重要です。

誰が言うかが重要

相手を励まし、

やる気と結果を引き出すペップトークですが、

リーダーがいきなりペップトークをしても効果はほとんどありません。

なぜならば、

ペップトークは

「何を言うか」

「どう言うか」よりも前に、

「誰が言うか」が大事になってくるからです。

もちろんペップトークだけではありません。

この世のありとあらゆることが、

誰が言うかによって決まります。

イケメンの信頼度は高い

例えば、

ある研究によれば、

美男子、美女子が発言すれば、

その言葉の信頼性が

上がるとまで言われています。

普段から厳しい先輩や指導者、

逆に何も言わない先輩や指導者やが

「大丈夫、君ならできる!」といきなり言っても、

相手がその気になるはずがありません。

つまり、

自分自身がポジティブでなければ、

相手にその思いは伝わらないということです。

逆にどれだけポジティブなことを言ったつもりでも

ネガティブに伝わる可能性だってあるのです。

そのためには、

日頃から「何を言うか」「どう言うか」を練習しておくとともに、

自分自身に投げかける言葉もポジティブに変えていかなければなりません。

自分自身に投げかける言葉

つまり、

頭の中の言葉は

「セルフトーク」と呼ばれます。

この「セルフトーク」が変われば、

あなたの人格を作っているとまで言われています。

なので、自分を変えていきましょう!!

セルフトークを変える

まずは、

自分のセルフトークを聞いてみよう!!

朝起きた時、

何か行う前、

何かを行なった後、

ふとした時に、

どのようなセルフトークが生まれますか?

例えば、

朝起きた時、

「よっしゃ!!今日一日頑張ろう」

とセルフトークしているのか?

「もー朝かよー」

とセルフトークするかで

行動は変わります。

ポジティブなセルフトークで上乗せする

セルフトークをポジティブな言葉に変えてい来ましょう!!

陰陽と言う言葉があるように、

一つの出来事に関しても

陰陽が存在します。

常に、陽の部分を目にする習慣をつけていきましょう!!

先ほど例で考えると、

おそらくいつもなら、

「もー朝かー」

「もー少し寝たいな」

と続くかもしれません。

それを、

「もー朝かー」

「ようやく今日も活動できる」

と続け、

まるで、

夜が長くて仕方なかったと

イメージができる文章を頭の中で

作り上げてしまうこと。

実は、

これがとても重要です。

もちろん、

朝このような考えをすることは

とても難しいですが、

日中は簡単です。

ネガティブなセルフトークが出たなと感じたら、

ポジティブな言葉で反撃し、

まるで、

ポジティブな事かのような

イメージを作ってしまう。

すると

自らも

少しづつポジティブな部分を

見つけれるようになってきます。

 

ポジティブが見えてくると、

ネガティブが見える量は

少しづつ減っていきます。

 

 

分が変わることが

チームを変える第一歩だと言うことを忘れないでください。

なぜなら、あなたもチームのうちの1人なのだから!!

 

今日のまとめ

最近流行りのペップトーク!!

しかし、

重要なことは、

なにを言うかではなく

誰が言うか・・・

もし、

チームを活気づけたいと思うなら

まずは自分から変わる必要があります。

自分のセルフトークを見つめ直してみよう!!

そして、

自分のセルフトークが変われば、

周りへの配慮や視点が変わります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です