スクラムハーフオンライン塾やってます!!

栄養管理ができない人への重大なメッセージ

「栄養管理ができない人への重大なメッセージ🍣」

栄養に関して、 どの程度に栄養に意識を向いていますか?

「We are what we eat」

食ベたものが心と体をつくる

という言葉がアメリカでは使われています。

食事の意識が欠けると、

パフォーマンスが確実に落ちていきます。

しかし、 栄養管理って面倒ではないですか?

そして、 栄養管理はなかなか続きません。

栄養管理が続かない人へ重大なメッセージです。

栄養管理は適当にしてください!!!!

だいたいで良い栄養管理のルールを今日は纏めました。

だいたいルール①1プレートルール

ニュージーランドでは、 食事は個別のお皿に盛るのではなく、

1プレートに料理を盛っていきます。

その1プレートをさらに3分割して

  • 炭水化物(ご飯やパン、出来るだけ脂質に変わりにくい雑穀米などを)
  • タンパク質(チキンや魚類がおすすめ)
  • 野菜・果物(フルーツジュースは糖質が多すぎるためダメ)

同じ分量をとる。 ルールはただそれだけです。 これくらいが実は丁度いい!!

だいたいルール②栄養は管理は少しサボる

ニュージーランドラグビー代表オールブラックスでは、

「栄養は90%は頑張ってこだわろう。

しかし、必ず10%はどれだけ体に悪くても良いので好きなものを取りましょう」

と言われています。

それでは、

なぜ食事のルールを だいたいにすることが望ましいのでしょう?

だいたいの利点である利点 「自主的に栄養管理することができる」

栄養を他人管理されていませんか?

私はその状態は危険だと感じています。なぜなら、自ら必要なものを自ら考えなくなると、自分のベストの発揮仕方がわからなくなるからです。

よく練習や試合後にはプロテインが置かれてあったり、

全てのパフォーマンス監督が管理していたり、

栄養士が選手の栄養を管理しているチームは多いかと思われます。

摂取することが重要ですが、

食べたものと自分のパフォーマンスの関係性を知ることが、 自分の調子を知るコツ!でもあり、 パフォーマンスを高める事に繋がります。  

 

自分で栄養管理する例①カフェでコーヒを頼むときは低脂肪ミルクでと頼む

ニュージーランドやオーストラリアのスポーツ選手は良くコーヒーを飲みます。 そして、 好んで飲むコーヒーが牛乳が含まれているフラットホワイトやカプチーノです。 しかし、 トップ選手であればあるほど、 頼むときは必ず低脂肪乳や無脂肪乳を選びます。 今日、明日にパフォーマンスが変わるわけではありません。 しかし、3ヶ月後に大きな差が生まれます。
🔥カフェに行く時や何か食べる時は、低脂肪でかっこよく言ってみよう!!

自分で栄養管理する例②練習終わりに選手たちはシェフへ変わる

ニュージーランドではクラブルーム(部室)にキッチンがあり、

自ら栄養を管理します。

練習後にはすぐスーパーに行き料理をする選手を良く見みます。

彼らは、

栄養士と相談し、パフォーマンスを整えていきます。

もちろん、

クラブハウスにプロテインなどは置いてありますが、

あくまでも必要な選手がとります。

🔥栄養は自ら管理することで、パフォーマンスの全てをコントロールできる。

重要なのことは楽しさと継続

実際ここまで栄養にはこだわるべきだと話をしましたが、

栄養管理は長く続けることができなければ意味がありません。

なぜなら、

人間は手間をかけ過ぎると飽きて続けれません。

それでは全く意味がありません。

継続しやすいこと意味もあり、

だいたいの目安でもある

1プレート3分の1ルールやサボることをオススメしているのです。 それぐらいの甘えがないとストレスが生まれ逆にパフォーマンスに影響を与えます。   

🔥栄養管理は「だいたいを目安」に毎日楽しむ!! 「しなければならないの行動」をしていてはパフォーマンスは上がらない。
A:栄養士の人が言うことって厳しすぎて・・・・   B:確かに・・・意識すれば良くなることはわかるねんけど   C:やけど、1プレートルールやったらいけそうやな!?

今日の気づき

⭐️栄養管理はサボる

食事は楽しく継続させよう

⭐️自分で管理している感覚をもつ

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です