スクラムハーフオンライン塾やってます!!

力と心を抜くという事の重要性

なぜ?

一流選手の筋肉は柔らかく、

力がいつも抜けているのでしょうか?

私が大学院生の時に、

教授から一言。

室伏選手の3倍筋肉が硬いねと・・・・

そして、

筋肉について興味がわき、

筋肉のことを調べている内に、

あることに気づきました。

A

超一流の筋肉って柔らかそうじゃない?
何を言うてんねん。変態か!!

B

C

けど、確かにむっちゃ柔らかそう!!

 

筋肉はOnとOffのスイッチしかない

人間には、

筋肉は約600以上あると言われています。

その筋肉を分けると

大きく分けると、

  • 骨格筋
  • 平滑筋
  • 心筋

に別れています。

それらが、

協力しあって、

私たちの体を動かしています。

さらに、

細く見ていきましょう。

約600以上ある筋肉が、

絶妙なバランスでON,OFF

を繰り返すことによって、

体を思った通りに動かすことができます。

筋肉のONとOFFを司るミネラル

筋肉はONにする時には、

カルシウムイオンが使われます。

カルシウムイオンが筋肉に

放出されることによって、

筋肉が収縮されるわけです。

 

一方で、

筋肉をOFFする時には、

マグネシウムイオンが使われます。

マグネシウムイオンが筋肉に

放出されると、

筋肉が弛緩されるのです。

 

トップアスリートは

筋肉がやらかいという話に

戻るとしましょう。

現在、多くのスポーツ選手の問題は

筋肉が弛緩しきっていないことにあります。

  • 筋肉を緩める方法を知らない
  • ストレスによって、マグネシウムイオンが十分に放出されない
  • よくない油を摂取しすぎて、細胞が固まってしまっている
  • 心が疲れ切っている

このようなことが原因で、

筋肉が完全にOFFになっていない選手が多くいます。

筋肉が硬いとどうなるの?

筋肉が固まるとどうなるか説明します。

筋肉が固まると、

  • 力がうまく発揮できない
  • その動きに必要のない筋肉がON状態になり、綺麗な動かし方ができない
  • 痙攣を起こしやすくなる
  • 緊張しやすくなる

さらに細かくみていきましょう

力がうまく発揮されない

あなたが100の出力のパワーを持っていたとしましょう。

筋肉が弛緩しきっており、

筋肉が0の状態だと

カルシウムイオンが筋肉に放出された時に

100のパワーを出すことができます。

一方、

筋肉が弛緩しきっておらず、

あなたの筋肉状態が30だったしたら、

あなたの筋肉は

70の力しか発揮されることは

ありません。

もし、

筋肉を弛緩させる方法を知らなかったら

どれだけ、

トレーニングをしても

意味がないことが

わかりますか?

綺麗な動きができない

無駄な筋肉がONになっていると、

その筋肉が邪魔で仕方がありません。

その邪魔な筋肉を

動かすために、

さらに、

不必要な筋肉を動かす必要が生まれ、

悪循環が生まれます。

痙攣が起きやすくなる

つる感覚を覚えています?

なぜかわからないが、

筋肉がONになっており、

筋肉が固まり、

うごかせなくなる状態です。

もし、

筋肉をOFFにすることができれば、

つりや筋痙攣は軽減します。

 

筋肉は、

パワーにも繋がりますが、

逆に

あなたのパフォーマンスを

落とすことにも繋がります。

緊張しやすくなる

多くの人が、

身体と心を分けて考えますが、

実は密接に繋がっています。

それは、

緊張していると思えば、

動きが硬くなり。

気分が良いと思えば、

動きが軽く柔らかくなります。

 

その逆もありえます。

体が硬いと、

緊張しているのかもしれないと

心が勘違いし、緊張していると思い始めます。

そして、

筋肉がさらに固まり、

緊張を産みと

悪循環が生まれます。

 

体が弛緩していると

心が気分が良い状態と受け取り

心が前向きになり、

さらに筋肉を緩めます。

そして、

気分がよくなり

筋肉がやらかくなりと

良い循環を産みます!

 

 

特に、

筋肉トレーニングをする人は

筋肉を弛緩することに

焦点を当てる必要があります。

なぜなら、

競技中にも

あなたの筋肉が使われているからです。

それでは、

筋肉を弛緩する方法について書いていきます。

超一流選手の筋肉を身につける

一流選手は、

何かがきっかけで、

上手に筋肉の使い方が上手です。

この記事を見ている人は、

  • 超一流になりたいと思っている人
  • さらなる高みへいきたい人
  • 世界で戦いと思っている人

だと思います。

 

食事で力を抜く

筋肉を弛緩する食べ物が存在します。

それは、

先ほども紹介しましたが、

マグネシウムが多く含んだ食事をすることです。

マグネシウムが多い食事として代表がされるのが、

  • 玄米
  • 大豆
  • 豆腐
  • ごま
  • 納豆
  • ホタテ
  • アジ
  • カツオ

そして、

多くのアスリートが、

プロテインだと肉をたくさん食べます。

しかし、肉に含まれている脂肪は

筋肉を弛緩することに役に立ちません。

そこで、

私がおすすめするものは

魚類です。

魚は豊富なタンパク源でありながら、

マグネシウムも多く含まれており、

OMEGA-3を含む細胞を弛緩する脂肪が含まれています。

実は、

海外のトップアスリートは

週に3回以上は

魚を取りなさいと指導されているぐらいです。

 

🔥とりあえず魚を食べよう!!

 

脱力で力を抜く

脱力で力を抜くですが、

ストレッチなども、

もちろん効果的ですが、

特に意識して欲しいことは、

体の芯から弛緩することです。

なので、

温泉やホットタブで

十分体を温めてから

ストレッチすることをオススメします。

 

特に私がおすすめしているものは

古武術の先生がおすすめしているものなのですが、

ゆる体操 - 高岡秀雄

https://www.undoukagakusouken.co.jp/ichiran.html

詳細は上記のURLからです。

実際、ゆる体操を使って

バスケットボール女子チームが

大学日本一になったり

日本代表選手になったりしています。

🔥ゆる体操で身体の芯までゆるゆるに

 

マインドフルネスで力を抜く

仏教徒が重要視している

マインドフルネスですが、

世界で注目されています。

それは、

無駄な力が抜け

緊張が解けたり、

試合中に周りが見えるようになったりと

たくさんの良い点があり、

また、

多くの研究結果が出ています。

マインドフルネスって何?

「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、

評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」

マインドフルネスってどうするの?

簡単に言うと

考えることを辞め、

力入れることを辞め、

今あるがままの自然を受け入れます。

 

多くの方法がありますが、

今回は簡単なものを紹介します。

  1. 10分間、自分の呼吸にだけ集中する
  2. 10分間、自然の音「波の音、鳥の鳴き声、虫の音色などを聞く」
  3. 10分間、血の流れなどを感じる

 

先ほども言いましたが、

身体と心は密接に綱がっています。

 

なので、

心を緩めることが

力を緩めることに綱がります。

🔥マインドフルネスで心を弛緩しよう

 

これであなたも超一流の筋肉に近づける

1つだけ注意点があります。

これらは、

できる限り無理をしない程度に行なってください。

無理は心を硬くします。

心が固まっていれば、

筋肉も固まってしまいます。

やらなければ変わりませんが、

自分の無理のないペースで行うことが重要です。

 

もちろん、

これだけで、

超一流になることは不可能ですが、

これもトレーニングだと思い

あなたのトレーニングに取りいれてみては

如何でしょうか?

 

力が抜けて、

あなたのパフォーマンスが

高まることを心より楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です